秋野紗良 父の突然死を機に母と同じシンガーの道へ!歌声で癒やしを!

Pocket

スポンサーリンク

秋野紗良さんには

17歳の時に

突然死でお父さんを亡くすという

壮絶過去が!

普通の高校生だった

彼女の人生は激変し

母と同じシンガーの道へ進む決心を!

過酷とも思えるアルバイトや

徒歩の旅を通じて磨かれた

歌声で人々を癒やし続けます。

そして悩みながらも

彼女が歌を届け続ける理由とは?

スポンサーリンク

秋野紗良 ピアニストの父の突然死

秋野紗良さんは

平成7年2月26日

東京で生まれました。

現在23歳ですね。

出典:株式会社showme

ピアノバーを経営する

ピアニストの父と

シンガーの母との間に

生まれた秋野紗良さん

5歳の時に

秋田の人と自然に魅せられた

父の提案により

母の実家である秋田に

家族で移り住みます。

小学生からコーラスを習い

中学校では合唱部に所属していた

歌が大好きな普通の女の子でした。

そして

秋野紗良さんが17歳の時

お父さんが突然死するという

想像もできない悲しみが

彼女を襲います。

お父さんはとても優しい方だったのでしょう。

こちらは秋野紗良さんが

描いた絵のようですね。

写真も、絵も、

二人の表情がとても幸せそうで

目に焼き付いて離れなくなります。

秋田の素晴らしい自然に囲まれて

幸せに暮らしていたのですね。

お父さんの突然死の詳細については

分かりませんでしたが

とてもショックだったことでしょう。

この絵は何を意味するのでしょう?

悲しみ・・・

祈り・・・

そして

”癒やし” でしょうか。

お父さんの死の悲しみを

乗り越えようとしてるのでしょうか。

ですが、お父さんはずっと

秋野紗良さんの中で

やさしく生き続けますね。

お父さんの誕生日には

ハッピーバースデーを歌って

元気をもらっているみたいですね。

スポンサーリンク

秋野紗良 母と同じシンガーの道へ!

秋野紗良さんのお母さんは

シンガーだったそうです。

こちらに写っているのが

お母さんですね。

輪郭が似ていますね!

お母さんは詩も書くようで

お母さんの作った詩に

秋野紗良さんが曲をつけていました。

ステキな歌ですね!

柔らかくてあたたかい歌です。

秋野紗良さんは

お父さんの死後

人生について深く考えるようになりました。

そして

歌を届ける人になりたいと

強く願うようになったのです。

こうして

母と同じシンガーの道へ進む

決心をしたのですね。

高校卒業後、最初は地元で

イベントやライブに出演していましたが

もっと歌を届けたいという思いから

19歳の時に全国を巡る旅に出ます。

もちろんアルバイトをしながら。

その中には

沖縄の牧場の住み込みなど

過酷なのではと思える

バイトもあったようですね。

ですが沖縄でも

幸せを感じながら歌います。

私の地元 北海道も

徒歩で巡っていたというのには

驚きました!

徒歩ということは

バックパッカーってことかな?

すごいですよね!

若い女性が

バックパッカーとは

ちょっと心配ですが・・・

全国の沢山の人達に

歌を届けたいという思いが

この形になったのでしょうね。

現在は

パン屋さんで

バイトをしているようですね。

歌を届け続けるために

精力的に活動していますね!

スポンサーリンク

秋野紗良 癒やしの歌声!

秋野紗良さんは

シンガーソングライターとして

沢山の楽曲を作っています。

高くてきれいな声が

とても心地よいです。

もちろん様々な曲のカバーもしています。

ゆらゆらと

ゆらぎのある歌声に

癒やされます。

こちらは

日本語にして歌っていますね

彼女の歌を聴くと

優しい気持ちになるのは

何故でしょう?

彼女の内面が

映し出されるからでしょうか。

様々なことに悩み

苦しみながらも

秋野紗良さんが

歌を届け続ける理由は

何なのでしょうか。

こんなコメントをしています。

いっぱい笑って、いっぱい泣いて、いっぱい感謝して、いっぱい美しいものを見つける。見つけたら教えたくなるから、私は歌う。

引用元:秋野紗良ツイッター

自分自身も

歌によって幸せになる。

周りの人たちも

同じように幸せになって欲しい。

そういう思いがあるのではないかと

私は思います。

これからも

沢山の歌を届け続けて

人々の心を癒やし

幸せにしてあげて欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする