【キムリア】CAR-T細胞療法(白血病治療)の認可には池江選手の影響が?効果や副作用も!

Pocket

スポンサーリンク

最新のがん免疫治療

「キムリア(CARーT細胞療法)」

国から承認されることが決まりましたね!

こちらがそのニュースですね。

大手製薬会社の「キムリア」

という治療法ですが

一部ではタイミング的にも

白血病を告白した池江璃花子選手の

影響があるのではと囁かれています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

* 早智と🥰 東水招待も明日で終わり! 明日は50Frと50Baに出ます! #renaissance #mizuno

Ikee.Rikakoさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –

また、効果・副作用についても調べてみました!

スポンサーリンク

【キムリア】CAR-T細胞療法(白血病治療)を分かりやすく!

【キムリア】CAR-T細胞療法の治療法は?実際どんなことをするの?

キムリアって実際には

どんなことをするのでしょうか?

無知な私は

なんだかこわい

手術とかするの?

痛いの?

というようなことを考えてしまいました。

調べてみると

キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法 

CAR-T細胞療法は、がん治療のための個別化された細胞療法です。CAR-T療法では、患者さんの血液からT細胞を採取し、細胞処理施設でCAR技術を用いて、T細胞の再プログラム化を行います。再プログラムされたT細胞(CAR-T細胞)を患者さんに輸注して戻すと、CAR-T細胞はがん細胞を含む標的タンパクを発現する細胞を特異的に攻撃する免疫システムとしての役割を担います。

引用元:NOVARTIS

分かるような分からないような・・・

平たく言うと

がん患者さんの免疫細胞を取り出して

がん細胞を攻撃する力を高めて

また体内に戻すということのようです。

図にすると分かりやすいですね

出典:がんサポート

なるほど。

血液を採取

遺伝子を改変

CAR-T細胞に変える

培養して増やす

点滴で戻す

ということですね!

考えてみたら

免疫療法ということなので

手術とかするわけないですよね。

どうやら痛くはなさそうですね^^;

通常は1回の投与だそうです。

【キムリア】CAR-T細胞療法の投与対象は?どんな人が受けられる?

では、どんな人が受けられる治療法なのでしょう?

報道によると

25歳以下のB細胞性急性リンパ芽球性白血病と、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫のうち、通常の抗がん剤で治癒しないなどの条件を満たす患者

引用元:yahooニュース

ということのようですね。

現在はどのくらいの対象者がいるかというと

年250人くらいと言われていますね。

日本人の人口が 約1億2,600万人(2019年2月概算 総務省統計局調べ)

今や日本人の2人に1人が

がんにかかる時代だと言われているので

血液のがん以外のものや軽くて治るものなどを含めて

単純に考えても 6,300万人

その中の250人(年間)というと

少ないように見えますね。

でも年間250人の方が

通常の抗がん剤で治癒しないなどの

とてもつらい状況に立たされているということですね。

【キムリア】CAR-T細胞療法にかかる費用は莫大だけどどうやって払うの?

キムリアの費用は

すでに承認されている米国では

5,000万円の値がついていますね。

日本での費用はこれから決まるそうですが

単純に同じだとするととんでもない費用です。

多くの人は

高額療養費制度を利用しますよね。

  • 70歳以上の人
  • 69歳以下の人
  • 所得

などによっても変わってきますが

一般的なところで言うと

年収370万円~770万円以内の人は

80,100+(医療費-267,000)✕1%なので

医療費が5,000万円、自己負担額が3割だとすると

1,500万円

ネット上に出ていた

計算フォームに当てはめてみたところ

支給額 14,422,570円 

自己負担限度額 577,430円 

と出ました。

それでも自己負担額が60万円近くあるんですね。

その人それぞれの正確な所得などによって

もちろん変動はあるとは思いますが。

最初に全額立て替えられない場合は

高額療養費貸付制度というのもあります。

普通、1,500万円も立て替えられませんよね(涙)

高額療養費貸付制度について

とても分かりやすいサイトを見つけたので

載せておきます。

脳梗塞.com

(ちなみに計算がおかしかったらすみません^^;)

スポンサーリンク

【キムリア】CAR-T細胞療法(白血病治療)認可には池江選手の影響が?

【キムリア】CAR-T細胞療法認可に池江璃花子選手が関係しているの?

私が最初に頭に浮かんだのは

白血病や血液がんの治療法なので

池江璃花子選手が

この治療の対象者になったら

すぐ治るかもしれない!

ということでした。

まだ診断は出ていませんが

キムリアの投与対象者だったら、と・・・

調べていくと

このようなツイッターを見つけました

この方は哲学者だそうです。

私は、すぐ治るかもしれない!とは思いましたが

ここまでは想像もできませんでした。

私達のような一般人には

実際のことは知る由もありませんね。

私個人としては

この治療の対象者は25歳以下ということで

若い命が少しでも助かるなら

「一生懸命働いて税金払います!」

という気持ちになりました。

【キムリア】CAR-T細胞療法認可と池江璃花子選手についてのみんなの反応は?

ではみんなの反応はどうでしょう?

というコメントがあり

やはり気になっているようですよね。

ですが報道では

競泳女子のエース、池江璃花子(いけえ・りかこ)選手(18)が白血病と診断されて注目を集めているが、池江選手の病気の詳細が明らかになっておらず、新製剤の効果があるかは不明だ。

引用元:yahooニュース

確かにそうですね。

まだ診断結果は出ていないので

今後の展開は見守るしかなさそうですね。

スポンサーリンク

【キムリア】CAR-T細胞療法(白血病治療)の効果や副作用は?

【キムリア】CAR-T細胞療法(白血病治療)は劇的な効果があるの?

キムリアの効果は

実際どのくらいのものなのでしょう?

報道では

臨床試験(治験)では、白血病の8割、リンパ腫の5割で効果があったが、再発する例も少なくなかった。CAR-Tが攻撃の目印とした分子をがん細胞が隠すなどの理由が考えられている。

引用元:yahooニュース

更に詳しく出ていた効果については

3歳~21歳以下のB-ALLの患者の対象とした国際共同第2相試験では、日本人2例を含む最終解析時点(n=75)での全寛解率は81.3%。18歳以上のDLBCL患者を対象とした国際共同第2相試験では、日本人2例を含む主要解析時点(n=81)での奏効率(完全奏功または部分奏功)は53.1%だった。

引用元:ミクスOnline

(注)B-ALL→B細胞急性リンパ芽球性白血病 DLBCL→びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 寛解(白血病の場合)→骨髄中に存在する白血病細胞が全体の5%以下の状態

ということで

決して低い効果ではないですよね。

そしてCAR-T細胞を体内に戻すと

数日経つと、T細胞は1,000倍ほどにも増え、標的となるがん細胞を攻撃する。さらにT細胞は、がんを攻撃すると同時に自らも活性化して体内に存在し続けるため、遺残したがんに対しても引き続き攻撃できるというのが大きなメリットなのだ。

現時点では、効き目のある人であれば、1回の治療でその効果がすぐ現れる。そして効果は持続し、半年から1年はCAR-T細胞が体内に存在し続ける。

引用元:がんサポート

というような効果があるんですね。

年齢やがん細胞の状態など様々な条件で

個人差があるのはもちろんですが

少しでも助かる命があることを

願うばかりです。

【キムリア】CAR-T細胞療法(白血病治療)の副作用「サイトカイン放出症候群」とは?

キムリアの副作用として

「サイトカイン放出症候群」というものがあるそうです。

いったい、どんなものなのでしょう?

発熱、低血圧、低酸素症、神経変性などに伴い血清中のサイトカインレベルが著増する状態

これまでに運動失調、失語症、脳浮腫などが報告されている。

引用元:オンコロ

少し怖くなるような副作用ですね。

インフルエンザのような悪寒もあるようです。

投与対象の人が

もしこの治療を受ける事になったら

納得いくまで説明を受けてから

ということになりますよね。

池江璃花子選手をはじめ

白血病や血液のがんで苦しんでいる人達が

少しでも元気になるように

心から願っています。

【キムリア】CAR-T細胞療法(白血病治療)認可と池江選手との関係性や効果・副作用まとめ

  • キムリアの実際の治療法は点滴
  • キムリアの投与対象は25歳以下で急性の白血病などの中で特定の要件を満たす人
  • キムリアの日本での費用はこれから決まるが米国では5,000万円
  • キムリアと池江璃花子選手との関係はタイミングなど疑問視する声もあるが池江璃花子選手に使えるといいと思っている人が多い
  • キムリアの効果は決して低くはない
  • キムリアの副作用には「サイトカイン放出症候群」がある

最後までお読みくださりありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする