堤麗斗(ボクシング)の中学や高校と戦績!天才肌の兄とは対照的な堅実派?!

Pocket

スポンサーリンク

高校6冠の天才ボクサー

堤駿斗選手の弟

堤麗斗選手が

早くも強過ぎと話題になっていますね!

出典:https://the-ans.jp/

ガンガン行くタイプの

兄とは対照的で

堅実なボクシングをするタイプのようですが

その戦績はまさに

兄を真似ているかのようにスゴい!

出身中学や

高校に入ってからの評判なども

まとめてみましたよ!

スポンサーリンク

堤麗斗(ボクシング)の中学や高校などの経歴と戦績!

堤麗斗(ボクシング)の中学や高校などの経歴がこちら!強かった◯◯からボクシングへ転向!

堤麗斗(つつみ れいと)選手は

千葉県出身の

高校2年生(16歳 2019年7月現在)です

堤麗斗選手は

3兄弟の末っ子

お兄さん達の影響で

ボクシングを始めました

小学校4年生の時です

それまではお兄さん達と同じく

極真空手をしていました

空手も強かったようで

2009年

千葉県空手道選手権少年大会

小学1年生の部で

なんと優勝していました!

空手もスゴかったんですね^^

ですが

お兄さんの姿を見ていて

「兄貴の姿を見て、憧れてカッコいいなと。それでやりたいなと思ったので、兄の影響が一番大きいです」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

ということで

ボクシングに転向したんですね

下の子は必ずと言っていいほど

上の子のやることに憧れを抱き

真似したくなりますからね^^

小学校を卒業し

堤麗斗選手が

通っていた中学校は

「千葉私立椿森(つばきもり)中学校」です

中学校ですので

もちろんボクシング部はないので

地元の千葉市にある

「本多ボクシングジム」

練習をしていました

ジムではその強さとは裏腹に

「麗ちゃん」と呼ばれ

かわいがられていたようですね^^

黙々と練習する姿に

応援する人達も多かったようです

そして

中学を卒業し

入学した高校は

全国大会で活躍する選手を

数多く輩出し

プロでは3人の世界王者も輩出している

ボクシングの名門

「習志野市立習志野高等学校」です

ボクシング部のOBには

前WBC世界フェザー級チャンピオン

世界WBCスーパーフェザー級チャンピオン 2階級制覇の

粟生隆寛選手

いらっしゃいましたよ!

すごいですね!

道場に掲げているこの言葉にも

感動してしまいました

「怠るものは不満を語り、努力するものは夢を語る」

すぐ怠りたくなる私には

胸にグッとくる言葉でした^^;

堤麗斗選手の評判ですが

この言葉の通りに実践する姿が

周りの選手の士気も

高めているようですよ

部のなかでも

練習から妥協を許さない雰囲気が

出来上がっているそうです

まだ2年生なのに頼もしいですね!

スポンサーリンク

堤麗斗(ボクシング)の驚異の戦績がこちら!

では

堤麗斗選手の驚異の戦績を

見ていきましょう

・2013~2016年

 Uージュニア・U-15     4年連続優勝

・2017年

 アジアジュニア         優勝

 Uージュニア          優勝

・2018年

 インターハイ          優勝

 国体               優勝

・2019年

 ハバロフスク国際トーナメント   準優勝

 OCジュニアオリンピックカップ 優勝

 世界ジュニア、ユースハンガリー大会 優勝

もう、ビックリが止まりません!

まだ16歳ですよね?

どんだけ強いんでしょう!

堤麗斗選手の

才能だけでなく

ボクシングに対する姿勢が

この結果を生んだのでしょうね

感動しかないです!

スポンサーリンク

堤麗斗(ボクシング)の2人の兄について!

堤麗斗(ボクシング)の一番上の兄は?

堤麗斗選手の

一番上のお兄さんは

堤勇斗(つつみ ゆうと)さんです

現在24歳くらいだと思われます

勇斗さんが一番最初に

空手から転向して

ボクシングを始めているんですよね

拓殖大学までは

ボクシングをやっていたようです

現在は弟さん2人の

サポートなどもしているようですね

堤麗斗(ボクシング)の二番目の兄は天才ボクサー!

二番目のお兄さんは

あの井上尚弥選手2世とも呼ばれ

東京オリンピック金メダル候補

天才ボクサー

堤駿斗(つつみ はやと)選手です!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

尊敬する尚弥さんとスパーリングさせていただきました。 ありがとうございました! #モンスター #勉強 #経験

堤 駿斗 Hayato Tsutsumiさん(@hayato2238810)がシェアした投稿 –

井上尚弥選手とスパーリングなんて

すごい!!

習志野高校時代に

高校6冠を達成し

世界ユース選手権を

日本人で初めて優勝

そして

井上尚弥選手以来

6年ぶりに高校生で

全日本選手権を制覇している

まさしく天才です!

現在

東洋大学 経営学部会計ファイナンス学科在学中

まだ2年生ですので

今後の活躍からも目が離せませんね^^

堤麗斗(ボクシング)は兄と対照的?!

堤麗斗選手は

スピードやコンビネーションで

ガンガン行く天才肌の兄

堤駿斗選手とは対照的で

体やパワーでじわじわ押していく

堅実派のサウスポーボクサーなんですよね

中学校2年生の時に

初めて負けてしまってから

今までで一番悔しい思いを経験し

才能に頼るのをやめ

努力に徹することにしたそうです

習志野高校ボクシング部の監督も

このように語っていました

強くなっても、努力を欠かさない。人一倍練習をする。チャンピオンになったから休もうとかは一切ないんです。入学してきた時から変わらない。色々な選手を見ていますけど、どこかで妥協したり、手を抜きたいという面がでてくるが、彼は自分で追い詰めていく

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

何度も言ってしまいますが

ホントに16歳?

って思ってしまうくらい

しっかりしていますね

本多ボクシングジムでも

コツコツ練習する姿が

皆からとても好かれていたそうです

兄の堤駿斗選手に対して

憧れの存在であり

目標にしているけれど

「絶対に負けたくない」

「兄が獲れなかったタイトルを獲りたい」

静かに情熱を燃やす

堤麗斗選手

お兄さんに追いつけ追い越せで

お互い切磋琢磨して

日本を代表する選手に

成長して欲しいですね!

堤麗斗(ボクシング)の中学や高校と戦績!天才肌の兄とは対照的な堅実派?!まとめ

  • 堤麗斗(ボクシング)の中学は椿森中学校
  • 堤麗斗(ボクシング)の高校はボクシングの名門の習志野高校で現在2年生
  • 堤麗斗(ボクシング)の戦績は現在高校3冠で国際大会でも優勝するという驚異の戦績だった!
  • 堤麗斗(ボクシング)は3兄弟の末っ子で2番目の兄は東京オリンピック金メダル候補の堤駿斗選手

最後までお読みくださりありがとうございました

スポンサーリンク
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 umeko himawari

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする