北海道地震による停電の状況。情報入手方法は?地元の私の体験!

Pocket

スポンサーリンク

今回の北海道地震による停電の状況や情報について

情報の入手方法は?

実際どんな状況になっていたのか、

どんなことに困っていたのか、

地元の私が実際に遭遇し、体験し、感じたことをお伝えします。

スポンサーリンク

北海道地震による停電の状況に進展は?

地震が起きた日は起きてからずっと停電で

ラジオ以外の情報は入ってきません。

映像の情報は、

残り少ない充電のスマホで見るもののほかは

目にすることができませんでした。

地震の翌日、早いところでは

もう電気が復旧していましたが、私の家の辺りは

信号も依然消えたままでした。

車のテレビは何故か入らなくて、

電気が復旧しているところまで運転して行くことは

信号もついていない状況なので私には無理でした。

夕方になり、停電が復旧し、

それと同時に信号も点いてやっと元に戻りました。

ですが現在も停電や断水が続いている地域があります。

どこの地域が復旧していて、

復旧していない所はどのくらいあるのか、

小さい地域単位では残念ながら詳しくは分かりませんでした。

仕方がないことだと思います。

ラジオを聞きながらじっと待っていたような状態でした。

スポンサーリンク

北海道地震による停電の状況 情報入手方法

私がもらえて助かった情報は、

まず、地域の同級生で作るグループラインの情報

そして、同じく地域の友達から拡散された情報でした。

この地域は復旧して、この地域はまだダメで、

というのが分かりました。

顔も知っている友達ばかりなので、

デマはなかったように思います。

もう一つは、家から外に出て、実際に会った人に聞いた情報でした。

この人の家は停電が復旧しているが、

向かいの家は復旧していないとか、細かな情報が聞けました。

ですがこれは、

外に出るのが危険ではない状況だったからできたことだと思います。

スポンサーリンク

北海道地震による停電 地元の私が実際に体験し、感じたこと

たくさんあります。

災害時の状況は、遠くに住む人達には

映像も含めて詳細が比較的分かるけれども、

渦中にいる人達には逆に把握しにくいということ。

ライフラインの水道、電気のありがたみは

実際に使えなくなって初めて気づくということ。

世の中はどんどん便利になっていくけど、

災害時にはラジオやカセットコンロなどの

アナログのものがかえって役に立つこと。

人と人との繋がりは、時に面倒なこともあるが、

大切であることは否めないということ。

だから、近所や友達に人付き合いが苦手な人がいたら、

こんな時だけでもいいから後悔しないように声をかけてみるのは

大切なことだということ。

挙げるとキリがありません。

この地震で、寝る時間も削り、必死に救助、復旧のために

頑張ってくれている人達がいます。

声が枯れるまで情報を伝え続けてくれる人達がいます。

普段は気付くことのできないありがたさがあります。

こちらはまだまだ普通の生活に戻るには何日もかかると思います。

営業できる店舗は少なく、

営業していてもまだ食材もほとんどないような状況です。

すぐ食べられるようなものは、開店開始から

10分程度で売り切れてしまうところもあります。

楽な状況ではないです。

でも、こんな時でも、ずっと前向きでなくてもいいから、

落ち込んでもいいから、

生きて行くことを諦めてはいけない

強く思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする