子供への英語の教え方。いつから?効果的方法や環境!私が学んだ事

Pocket

スポンサーリンク

子供への英語の教え方ってどうしたらいいの?

いつから始めればいいの?

やっぱり1つでも小さいうちからガッチリやらないとダメなの?

そんな心配をするお母さんは多いと思います。

ちょっと変わった我が家の体験から学んだこと、

効果があったことをお伝えします。

私が学生の頃は英語の授業は中学生からでした。

しかも筆記体でしたね。懐かしい・・・

でも、今は違いますよね。

子供達がゴシック体でノートを書いていて随分驚いたものです。

そんなことだけでも時代を感じるのに、

今は小学生から英語があるんですね。

しかも、2020年度には学習指導要領の改訂で

小3から英語の授業が始まり、小5には英語が教科になるとのこと。

小さい子供を持つお母さんの中には

うちも早目に塾などで習わせたほうがいいのかしら、

と頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

いつから?

上の子が小学1年生の時、ひょんなことから

知り合いの外国人の先生に英語を教えてもらえることになり、

場所さえ提供してもらえれば、ということで

我が家で週1で英語教室を始める事になりました。

近所のお友達なども数人集まって

アットホームな英語サークルのようなものでした。

なので、我が家の英語スタートは小学1年生です。

私は個人的にこのくらいの時期がとてもいいと思っています。

あまり小さいと、お友達が集まるので

違う遊びに夢中になってしまったり、

興味も集中力もなかなか続かないと思うからです。

小学1年生くらいになって、少し落ち着いて

何かに取り組むことができる頃の方が

吸収率がいいと見ていて思いました。

スポンサーリンク

効果的方法や環境は?

まず、最初のとっかかりが大事なので、

英語を取り入れながら日本の遊びをしました。

簡単なように思えるかもしれませんが、

最初は慣れていない子供達に盛り上がってもらうのは

なかなか難しいものです。

英語でじゃんけんはなんて言ってやるの?

というところから始まり、

ハンカチ落としやジェンガなどをしました。

慣れてきたら英語カードで神経衰弱をしたり、

伝言ゲームなどもしました。

伝言ゲームは英語でやりますが、

最初の言葉が全然違うものに変わっていたりして

これがなかなかウケていましたね。

天気のいい日は外遊びもしましたし、

クリスマスにはクリスマスパーティーもしました。

環境的には家のリビングということでアットホームで、

少人数だったので何をやるにも全員で楽しみながら、

というのが良かったと思います。

途中から、習っている子供達の家を交代で回る形にしたのですが、

お母さん達は、子供達が習っている様子が分かるのがいい!

と喜んでいました。

スポンサーリンク

私が学んだ事

日本人にとって英語は、今の時代になっても

なかなかすんなり入ってくるものではないですよね。

急に外国の人に話しかけられても

何のためらいもなくすんなり話せる人って

そうたくさんはいないと思います。

でも、読み書きが少しできるようになって、

学ぶことに興味が出てくる頃に

普段の遊びや生活に少しづつ取り入れながら英語を学ぶ

そのあとに本格的に英語が教科になった時に

抵抗なく受け入れられるのではないかと思います。

正しい教え方でないと、と窮屈に考えるより、

まずは楽しんで親しむ、ということが大事なのだと

子供達を見ていてしみじみ感じました。

今は大人になりましたが、その頃一緒に習っていた子のお母さんから

あの教室があったから英語が嫌いにならなくてすごく良かった!

と言われとても嬉しく、我が家も同じだな、と思いました。

先生の話を目をキラキラさせて聞いている子供達の姿を

今でもはっきりと覚えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする