PTA役員やって良かった!経験者の私が語る嬉しいメリット3つ!

Pocket

スポンサーリンク

PTA役員はやった方がいいの?

何だかとても大変そうだし、仕事や家事で忙しいし。

でも子供の事も気になる。

子供を持つと必ず出くわすPTA役員問題。

やってみると実は嬉しいメリットもあるんです。

私の経験から嬉しいメリット3つお伝えします!

スポンサーリンク

最初のメリット〈人脈〉

自分自身にも友達ができて人脈が想像以上に広がります。

私の場合、仕事もしていたし、引っ越した先の学校だったので

ママ友とかはあまりいませんでした。

それは楽なことですがやっぱり寂しいものです。

これは友達作りのチャンスかもしれないと思い、

不安で頭がいっぱいになりながらも、えいっ!と

一人で飛び込んでみました。

知り合いもいなかったので本当に一人で入ってみました^^;

すると幸運なことに、

私が思っていたよりずっとフレンドリーな世界で、

先輩お母さん達も色々と教えてくれて、

クラスのお母さん達ともたくさん話すようになり

知らなかった事を教えてくれたりと情報交換もできました。

仕事や家事をやりくりして学校に足を運ぶのは

決して楽な事ではありませんが、

最初は他人だった仲間と広報誌を作り上げた時や、

行事をやり終えた時などの達成感は

やらないと得られないものだと感じました。

スポンサーリンク

次のメリット〈子供の様子〉

PTA役員になると、通常より多く学校に足を運ぶので

子供の様子を知る機会が増えます。

学校で、思いがけず子供に会うと

恥ずかしがりながらも喜んでくれます。

プール清掃や草むしりなど、

何かの作業を手伝いに行く時などは

子供と一緒にやったりして楽しみながらできるし、

学校生活で何か困っていないかな?大丈夫かな?

と、心配な事も自分の目で確認できたので

とても良かったです。

先生達からも、参観日以外の機会で

子供の普段の様子を聞くことができて、

これはお母さんにとっては嬉しいメリットです。

スポンサーリンク

そして大きなメリット〈やりがいと息抜き〉

仲間と何かを作り上げたり、行事を成功させたりするという、

お金では買えないやりがいがあります。

楽ではないことを頑張ってやり遂げる姿を

身をもって子供に見せることもできます。

子供が受け取るか受け取らないかは別として^^;

実際に体を動かしたり、

準備に多くの時間をかけたりしてやり遂げたあとは

クタクタに疲れているはずなのに、

不思議と言い表しようのない爽快感に包まれるんです。

普段、仕事でストレスを溜めていても

PTA活動でパタパタと元気に動いていると

心の風通しを良くしたような感じで

体の疲れとは逆に、いい息抜きにもなりました。

私は気がつくと十数年、ずっとPTA役員をしていました。

自分でもビックリしますが。。。

その中ですごく心に残っていることはやはり、

お母さん達は本当に純粋に、子供達の幸せを願っているんだ

ということです。

時には熱く議論をかわすこともありましたが、

中心にはいつも、その気持があったように思います。

面倒かもしれないPTA役員ですが、やってみると

意外と嬉しいメリットがありますよ!

おまけ・・・

自分の子供の卒業式も、役員席で見させてもらったので

間近で見ることができ、感動もひとしおでした^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする