人間関係が原因で仕事を辞めたいと言われたら?我が家の凄絶体験!

Pocket

スポンサーリンク

家族に、仕事を辞めたい。人間関係が辛すぎる。もうダメかも。と言われたら?

社会生活を送っていると人間関係の問題は切っても切り離せません。

仕事を辞めたい理由に人間関係の問題を挙げる人は

とても多いと思います。

働く本人にとって、それがわがままなのか、

本当に深刻な状況なのかを見極めるのは

とても難しいものがあります。

我が家の凄絶体験は、こうでした。

スポンサーリンク

仕事での人間関係の始まり

娘が新社会人になった時のことです。

学校からの紹介で、先方から指名された形で

就職が決まりました。

期待と不安で胸がいっぱいになりながら

初出勤の日を迎え、帰宅してから

同年代の人もたくさんいるし、

頑張れそう、と言っていました。

私は、子供がやっと社会人になって

肩の荷が下りた感覚と同時に

大丈夫かな、やっていけるかなという心配が

入り混じって複雑な心境でした。

スポンサーリンク

仕事も人間関係も最初から本当に頑張っていた

とにかく、一日中忙しくハードな仕事で、

その仕事量は最初から膨大でした。

なので、覚えなければならないことも

半端な量ではありません。

お客様の対応もしなくてはならないので

都度メモを取っている暇がなく

昼休みにまとめて書きためたり、

家に帰って来てからノートに整理するなどしていました。

そして人間関係でも、上司ではなく

役職のついていない先輩方の序列が何段階かあり、

とても厳しいものでした。

  • 朝は誰よりも早く来なければならない。
  • 先輩方が来る前に掃除を終わらせておくこと。
  • 分からない事があったら近くの人に聞かないで教育係に聞くこと。

などたくさんのルールがあったようです。

それでも、社会人経験がない娘は

新人はそういうものなのかも、と思い

必死に食らいついていきました。

私も、最初はみんなそんなものだし

慣れたらなんてことなくなるよ、と言っていました。

スポンサーリンク

毎日、人間関係の愚痴を言うようになる

1ヶ月経っても2ヶ月経っても慣れない

言い方はきついし、

お客様の対応はほぼ新人に回ってくる。

分からないことを聞いても、それは前に教えた、と言って

突き放される。

実際は聞いてないのにそう言われる。

など、帰って来るなり

仕事以外のことでの愚痴を毎日言うようになっていました。

私としては、女性が多いと少なからずそういう事はあるし、

きっとそこの先輩たちも仕事がきつくて

ストレスが溜まっているんだね、

もう少し経って仕事がだいぶできるようになれば

もっと認めてもらえるようになるよ、などと

今思えば呑気すぎるような事を言ってしまっていました。

そして、毎日聞いてあげることで少しでも

ストレス発散にはなるかな、と思っていました。

原因はやはり人間関係か・・・ひどい症状に襲われる。

その後、一日も休まず仕事に行っていると

少しずつ様子がおかしくなっていきました。

もともと、朝は強い方で寝坊はほとんどない子でしたが

夜、眠れていないのか、朝が起きづらくなり

顔色も良くない状態が続きました。

気がつけば仕事の帰り道に

大量のお菓子を口にすることで

ストレスを発散するようになっていました。

車で通勤していたのですが、

後から聞くと、職場を出て車に乗るまでの時間も

我慢できないくらいになっていたそうです。

ですが、そんなにお菓子を食べても

太ることは全くありませんでした。

職場内の空気や温度やにおいでえづくこともあったそうです。

仕事を辞めたい。もうだめかも。

そして、決定的な出来事が起こりました。

髪の毛が抜け落ち始めたんです。

その頃には肌荒れもひどく、女の子にはかわいそうなくらいの

ニキビや吹き出物で顔が真っ赤になっていたのですが

とうとう髪の毛まで・・・

辞めたら次の就職のこともあるし、

1年は頑張ってみようと話していたのですが、

この時、そんな事を言っている場合じゃない!

と初めて気付きました。

そして、半年必死に頑張った仕事を辞めました。

ボロボロだった身体も心も

少しずつ正常に戻っていきました。

職場から持って帰って来た荷物の中に

メモでぎっしり埋め尽くされたノートを発見した時、

私は涙が溢れ出しました。

その後・・・今になって思う事

人間関係が原因で仕事を辞めたいと思う事は

誰でもが普通にあることだと思います。

長く社会人をやってきた人から見れば

そんなのは社会に出ればどこにでもある事だし

そんな事でいちいち仕事を辞めていたら

何の仕事も務まらない人間になる、

若いうちの苦労は買ってでもするべき、と思うでしょう。

私も今まではそう思っていました。

ですが、社会はどんどん変化しています。

昔は育ててくれる上司が必ず一人か二人はいましたが

今は人手不足で個人個人に余裕がなかったりと、

必ずしもそうだとは言い切れない環境もあるのだと分かりました。

もちろん娘の経験が浅いのは事実なので

これからまた、たくさんの経験を積んでいかなければなりません。

人間関係が原因で仕事を辞めたいんだと言われて

それが甘えやわがままなのか、

そうではなく精神が壊れかかるくらい深刻な状態なのか、

周りの人間の見極めは本当に難しいです。

この事を、我が家の凄絶とも言える体験から

思い知らされました。

今は別な仕事に就き、新しく入って来た人に

仕事を教えられるまでになったようです。

怖い上司がいたりと、人間関係の問題も多少なりともありますが、

あの頃に比べたら全然マシ!と言っています。

親としては、いくら社会人になったからといって

放り出しっぱなしではなく、

もし一緒に暮らせる環境にあるなら、ですが

手も口も出さないけれど、見てはいる

という姿勢も今の時代には必要なのかもしれないと

思わされる出来事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする