朝起きれない子供への対処って?もしかしたら起立性調節障害かも?

Pocket

スポンサーリンク

朝起きれない子供の対処に悩んでいる方、ぜひ読んでみてください。

子供が朝、全然起きない。学校を休みがち。

いつからこんな怠け者になってしまったんだと起きない子供を前に途方に暮れる日々。

それって、もしかしたら起立性調節障の症状かもしれません。

思春期によく見られる起立性調節障害のお話です。

小さい頃は、自分で起きて遊んでいたり、

起こせばすぐ目が覚めていたのに

この頃は朝がどんどん苦手になって。。。

毎日起こすのにひと苦労でこっちの方が憂鬱になってくる。。。

こんな思いをしているお母さんは少なくないと思います。

以下は、起立性調節障害にかかる子供の割合です。

軽症例を含めると、小学生の約5%、中学生の約10%。

重症は約1%。不登校の約3-4割にODを併存する。

引用元:日本小児心身医学会

ODとは、起立性調節障害のことです。

私の息子も、思春期真っ盛りの中学生の頃にこの症状が出て、

あまりにひどいので病院で診てもらいました。

そこで起立性調節障害と診断されました。

私が病院の先生にどんな説明を受けたか、

実際にどんな検査を受けたのかなどを交えて

起立性調節障害のお話をします。

スポンサーリンク

朝起きれない子供への対処 起立性調節障害って?

起立性調節障害は、自律神経機能不全の一種です。

自律神経とは、身体で特に意識していなくても

勝手に調節している生体機能のことで、

体温、食欲、性欲、睡眠、全体的な代謝、血圧などの

コントロールを行っていますが、

まだ成長途中の思春期には

この機能が追いつかないのですね。

立っているだけで血圧が下がり、めまいや立ちくらみがおこり

倒れてしまうこともあります。

息子の場合は

  • 学校の全校集会などで立っていて気分が悪くなる
  • 何度も倒れそうになる
  • 吐き気が急に襲ってきて本当に吐いてしまった
  • 夜更かししている、していないに関わらず朝起きられない
  • 午前中は調子が悪く朝ご飯も食べられないが、午後から夜にかけては回復している
  • 朝起きるとほとんど毎日頭痛がある
  • 朝に特に機嫌が悪い

などがありました。

先生は分かりやすい一言で、こうおっしゃいました。

「思春期の身体の急成長に心が追いついてないんだよ」

なるほど、分かりやすい一言でした^^

スポンサーリンク

朝起きれない子供への対処 起立性調節障害の検査って?

横になっている状態と立っている状態の血圧を比べます。

まず、ベッドに横になって10分くらいそのままでいます。

それから立ち上がり、立っている状態で

数分ごとに血圧を測っていきます。

すると、血圧はどんどん下がっていき

最高血圧と最低血圧の差がなくなりそうになります。

そしてもう一度横になりまた10分くらいしてから

血圧を測ると正常に戻っているのです。

それを見た時は本当に驚きました。

スポンサーリンク

朝起きれない子供への対処 起立性調節障害の治療って?

必ずこれをやる、というものはないので

症状に合わせてになります。

息子の場合はすごく重症というほどではなかったのですが

倒れたりすると危ないので、ずっとではないですが

血圧を上げる薬をもらって1日1回、朝に飲んでいました。

そのほかは自宅でできる治療法として

朝起きたらまず、足に冷たいシャワーをかけて

交感神経を刺激する、ということをやりました。

一番大切なのは規則正しい生活を心がける事だそうです。

当たり前のことですが

  • 夜更かししない
  • 3食きちんと食べる 
  • 昼間に体を動かす

ということですね。

起立性調節障害の子供は

午後からだんだん調子が良くなるので

どうしても夜更かししてしまいがちです。

10分でもいいから早く起きて

早く眠たくなって欲しい。。。

切なる願いから

私が自分で考えた方法は

朝は早目に体に光が当たったほうがいいんじゃないだろうか?

と思い、

朝起きる(起こす)1時間前に

カーテンを開けたり部屋の電気をつけて

とにかく明るくしておく、という方法です。

毎日必ず地道にやり続けました。

本人も気付かないうちに体に刺激を与えたのか、

この方法はとても効果がありました!

朝起きれない子供への対処 起立性調節障害への周囲の理解

この病気には親や学校など、

周囲の人達の理解が欠かせません。

特に親の理解がないと良くなるどころか

悪化する恐れもあります。

親は、

「何でこんなに起きられないんだ」

「だから早く寝なさいと言ったのに」

「いつからこんなに怠け者になってしまったんだ」

「このままダラダラと学校に行けなくなったらどうしよう!」

という焦りから子供を頭ごなしに責めてしまいがちです。

親の方も必死です。不安が募ります。

無理にでも起こして何とか学校に行かせようとします。

ですが・・・

本当に起きられないのです。

本当に具合が悪いのに怠けていると誤解される・・・

本人が一番苦しいのです。

子供にとって、親に理解してもらえないことは

とても悲しいことです。

まして、口数の少ない男の子の場合は

言葉に出すより物にあたったりして

親子関係に亀裂が入ってしまうかもしれません。

そうなると、症状が更に悪化しかねません。

起立性調節障害は、成長とともに自然に良くなるものです。

それまでの間は焦らずに、

やれることをやっていく、という姿勢が不可欠なんです。

子供が学校を休む場合は

たいてい親が電話を入れますよね。

その時に先生に、

起立性調節障害と診断されたことを話し、

学校にも理解してもらうことも必要です。

親の不安な気持ちは痛いほどよく分かります。

心が晴れず、モヤモヤします。

私もそうでした。

思いをぶつけてしまったこともあります。

親も人間ですから未熟で当然です。

ですが、少しずつでもできることをやっていくうちに

気がついたら、「あれ?今日は自分で起きてきた!」

ということが増えてきます^^

悩み過ぎずに、親子二人三脚で乗り越えていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする