働くママのためのストレス発散方法!私が実践したオススメの8選!

Pocket

スポンサーリンク

ストレスって生きていたら普通に溜まりますよね

育児中は特に。

子供が小さいうちは負担が少ないほうがいいからとパートで働く女性は多いと思います。

ですが、仕事の時間が短いからといって負担が少ないかというと一概に

そうとも言えないですよね。

働きながら家事も育児もこなさなくてはならないのですから。

何でこんなに時間がないの!

あれもこれもできないよ~!

もうちょっとママの言うこと聞いてよ~!

明日も早いんだから頼むから早く寝てくれ~!

パパも少しは手伝ってよ~!  などなど・・・

身体的、精神的ストレスはやはり溜まっていきます。

私も育児中はそうでした。寝る前に本を読んであげないと寝ない子だったので

(それも何故かずっと同じ本。ポケモンの絵本でした)

カウント3で気絶するように寝てしまう日々で

その絵本をやたら巻きで読んでいたのを思い出します。

今思えば子供達に申し訳ないことをしたなと反省しています。

タイムマシンがあったらあの頃に戻って、ゆっくり本を読んであげたいって思います。

割と後悔だらけの育児でしたね。子供を抱っこできる日々は戻って来ませんからね。

なので、皆さんには少しでもストレス発散をしてもらって、

できれば笑顔でいられる瞬間を増やして、もしくは減らさずにいて欲しいと思います。

そこで、私がやっていたストレス発散法を思いつく限り挙げてみました!

スポンサーリンク

子供が寝てから少しだけ外を散歩

幸い家の向かいが公園だったので、ノーメイク、メガネぽんちですっとそのまま外に出て

夜空を眺めたりしました。子供が起きてしまったら大変なので時間はほんの数分でした。

それでも一人の静かな瞬間って大事です。

子供を車に乗せ、気分転換ドライブ

これは、昼でも夜でもやりました。どこに行くのでもないのですが、ぷら~っと。

子供達をチャイルドシートに座らせて、飲み物なども用意しながら・・・

と若干面倒なところもありますが、子供達も喜ぶし、途中でコンビニでおやつを買ったり

仕事が休みの日はちょっと遠出する気持ちにもなりましたね。

スポンサーリンク

寝るだけのために子供を預けて寝だめをする

睡眠はやはり大事です。寝ないとまともな思考になりませんし、

ただでさえいつも寝不足ですからその時間だけは何も気にせず寝ることに集中するんです。

実家が近くにあったので助かりました。

母は祖父母の面倒を見ていたので申し訳なかったですが感謝しています。

スポンサーリンク

とりあえず仕事を頑張る

仕事をしている時間はある意味自分だけの時間ですから、せっせと頑張ると

達成感を得られます。そうすると、不思議と子供を迎えに行く頃にはスッキリとしています。

お風呂で大きな声で歌う

公共の場でやるときちがいと思われますから注意です 笑

お風呂で歌うならさほど周りに迷惑はかけませんし、子供と一緒に歌えるので

意外と楽しいかもしれません。

もちろん流行りの歌も歌いました!

普段着ないかもしれない可愛い洋服を買う

仕事は制服でしたし、家では動きやすい服装でしたからそんなに必要ないんですが、

買うと何故かテンション上がって幸せな気持ちになります。

それを着てお出かけできると、なおいいですね。

泣く

シンプルです。泣ける映画やテレビを見て大泣きします。

私はクレヨンしんちゃんでも大泣きしました。みんなの歌だけでも泣けます。

泣くというのはまさに心に溜まった色々なものを洗い流すいい行動ですね。

大食いする

これが一番多かったです。ご飯をたらふく食べてからスイーツ!

子供達にご飯を用意して、自分もしっかり食べて、そのあとに子供達とスイーツを

食べる!それはもう至福のひとときです。道理で太っていたはずです。

以上のような、さほどお金がかからなくて身近にできるストレス発散法をやっていました。

一つだけどうしてもできなかったことは・・・

一日、一切の家事しない、というのはやってみたかったんですができませんでした。

次の日のゲンナリ感を考えるとどうしても・・・。

というわけで、大きなことはできませんでしたが、

そして遠い先を見るとしんどくなってしまうので、

その時その時に思いついた発散法をやってきました。

参考になるかはわかりませんが、やってみると意外にいけるかも!

と思うことがあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする