川上椋輔アナはイケメンスポーツ青年!ミスコレグランプリと彼女について!

Pocket

スポンサーリンク

川上椋輔アナ(UHB)は

誰もが認めるイケメンで

小・中・高とサッカー、

大学ではウインドサーフィン部で活躍した

スポーツ万能な好青年!

しかもそれだけでなく

大学のミスコレでグランプリを受賞!

もちろん彼女はいるはず…

川上椋輔アナが

常に行動を共にしている存在とは・・・

気になり過ぎるので調べてみました。

スポンサーリンク

川上椋輔アナは誰もが認めるイケメン!

川上椋輔アナは2018年4月入社

北海道文化放送(UHB)の新人アナウンサーですが

もはや誰もが認めるイケメンです!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

第一印象で一言。 いただきました。 『 真… 』 #JPくん #新キャラYくん

川上椋輔 (UHBアナウンサー)さん(@uhb_kawakami)がシェアした投稿 –

「真」という文字を持っているのが

川上椋輔アナですね。

目が特徴があるというか、

かわいいのに目ヂカラがあるというか。。。

意志の強さを感じます。

好青年を絵に描いたような方ですね^^

川上椋輔アナの写真はどれも

笑顔なんですよね。

しかも自然に出る表情なのがいいですね!

新人なのでテレビに映る機会は

まだ少ないですが

これからもっともっと沢山出て欲しいですし、

自分の番組を持てるようになって欲しいです。

スポンサーリンク

川上椋輔アナはスポーツ万能な好青年!

小・中・高と13年間

サッカーをやっていたのですね。

いわゆるサッカー少年ってやつですね。

高校ではキャプテンをしていたそうですから

うまいってことですよね!

責任感も強そう!

大学ではウインドサーフィン部に所属していました。

マリンスポーツなんて

なんだかカッコいいですね。

でも、やろうと思って

すぐにできるものでもないと思うので

やっぱり運動神経が良くて

スポーツ万能なんですね。

そのほかにテニスやサッカーのサークルにも

所属していたそうですから

本当にすごい人です!

スポンサーリンク

川上椋輔アナはミスコレグランプリだった!

川上椋輔アナは横浜国立大学の出身ですが

2年生の時に

ミスターYNUコンテスト2015の

グランプリに輝いています!

強豪がひしめき合う中で

グランプリってすごい!!

出典:MR COLLE

芝生が似合う~

キラキラしてますね^^

ミスコレに参加したきっかけについては

・他薦
・大学祭に関わりたかったから
・映画俳優になりたかったから

引用元:MR COLLE

ということで、

映画俳優になりたかったんですね。

表情豊かな方なのでそちらの方でも

活躍しそうな気もします。

またその後、日本最大級の

全国ミスターキャンパスコンテストである

『JUNON×MUJ2015-2016』の

ファイナリストにも選出されています。

出典:よしもとニュースセンター

2段目中央の黄色いTシャツの方が

川上椋輔アナですね。

アイドルのコンサートみたいになってますね^^;

やるからには全力でやるタイプなのがうかがえます。

しかも持ち前の明るさで人付き合いもいいらしく

ミスコレで競った仲間達と

2年後に再会したりもしています。

爽やか過ぎるでしょう!

男性同士の付き合いって

さっぱりしてていいですね^^

スポンサーリンク

川上椋輔アナの彼女?常に行動を共にしている存在とは?

気になる言葉を発見!

見た目は小柄で

初鳴きの時も一番近くで見守ってくれて

そばにいてくれると安心する。。。

まさか・・・彼女!?

と思ったら、

ストップウオッチでした。

びっくりさせないで下さいよ~

でも、好きな女性有名人は

りょうさんと蓮佛美沙子さんということで

個性的な感じの方が好みなんでしょうね。

ミスコレのインタビューでは

ちょっと気になるコメントもしています。

どんな異性に惹かれるかを聞かれて

いつもクールな感じにしてる人が、人前で大胆にくしゃみとかしてしまうところ!

引用元:MR COLLE

そして、ドキッとする異性の仕草では

くしゃみをしているところ

引用元:MR COLLE

と答えています。

これって

そう思う対象が実際にいるのでは?

と思ってしまいました。

答えは謎ですが、

川上椋輔アナはまだ入社1年目、

なので、恋愛もいいですが

仕事で沢山の経験をして

これからもっともっとテレビで

私達を楽しませてくれることを

希望します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする